顔の脱毛中ならなおさらやったほうが良いしっかり保湿!

肌の保湿のために気を付けていることは、顔を洗い過ぎない、ということです。
寒い時期なんかは特に熱いお湯で顔を洗いがちですが、熱すぎるお湯は肌の水分を必要以上に奪ってしまいます。
また、朝はぬるま湯だけの洗顔にして、洗顔料の使いすぎにも気を付けています。

特に顔脱毛はサロンでも医療脱毛でも人気がありますが、
通っている最中は保湿は本当に気をつけてケアしたほうがいいですよ!
しっかりやるだけで全然効果も痛みも違ってくると思います。

顔を洗った後は、水分を拭き取る前に無印良品のスイートアーモンドオイルを塗り、それから化粧水で水分を補います。最初にこのオイルを塗ると、洗顔後の残った水と混ざって顔をシートで覆っているような感じがします。これをすることで、化粧水を塗るまでの時間での水分の蒸発を防いでくれます。オイルを初めに塗ると化粧水が入らないのでは?と使うまでは思っていましたが、寧ろ塗った後に化粧水をつけると馴染みが良い気がします。
最初にオイルを塗っているので、使ってない時に比べて肌がしっとりします。ホホバオイルも使っていましたが、美白効果があるというスイートアーモンドオイルに変えました。無印良品には何種類かオイルが売っているので、自分の肌質に合わせたものを選ぶといいと思います。
とにかく、肌を乾燥させる時間をへらすこと、負担になることは極力しないということが一番わたしには合っていました。

自己流の毛抜き処理で埋もれ毛に!後悔必至なので絶対に止めたほうがいいよ!

私が失敗したムダ毛の自己処理は、毛抜きで1本1本抜いていく方法です。
中学校に入った頃から人よりムダ毛がな濃いことが気になりはじめ、制服のスカートから出る脚が気になって自分でムダ毛処理をするようになりました。とは言ってもまだムダ毛用のシェーバーやシェービングクリームなどを買える歳ではなかったので、父が使っていたひげ剃りで、お風呂の時にこっそり腕と脚を剃る程度。そんなに露出の多い服を着ることはなかったので、週に2・3回剃ればどうにかなっていました。

でも高校に入ると、制服のスカートの丈が短くなって、私服ではノースリーブなども着たい年頃に。
特に夏場は1日経つと硬い毛がチクチクし始めてしまうので、毎日のシェービングが必須になりました。

この時気になり出したのが、膝や肘・ワキなどシェービングがしづらい部分です。適当に剃ると必ず剃り残してしまうし、たまに肌を切ってしまうこともあり、仕方なくその部分だけ毛抜きで抜くことに。
かなり時間をかけて毎日コツコツ抜き続けたのですが、しばらく経つと肌に異変が。抜いた部分に埋もれ毛が生えてきて、鳥肌のようにブツブツになってきてしまったのです。慌てて毛抜きで引っ張り出してみると、今度は肌が傷ついてポツポツと赤く炎症を起こしてしまいました。

今は脱毛エステでムダ毛の処理が不要になりましたが、埋もれ毛になった部分は今でも毛穴が黒ずんでしまっていて、適当に自己流でお手入れしたことを後悔しています。

小1から始めたムダ毛の自己処理。いろんな処理方法を試して。

私は毛深いのが悩みでした。
初めて処理したのは小学1年生の頃でした。脱毛なんて気にするのすら早いとは思いますが、私は、全てが父親似だと言われ続けていたので毛深い父親を見ていると自分も毛深くなるのでは‥という不安を幼いながらも持っていました。
それでもエステなどには通ったことがなく、ずっと自己流で処理してきました。

最初は、カミソリで処理していましたがすぐにチクチクしてしまい処理が面倒なのと毛が濃くなっているように感じ、ワックスタイプの脱毛処理に変えました。脱毛は、コストがかかるのと ある程度伸ばさなければならないので すぐにやめてしまいました。

今は、毎日のように家庭用脱毛機でこまめに処理をしています。埋もれ毛が部分的にあるのが悩みではありますが、ピーリングをしたり毛抜きで引っ張り出したりと対処しています。面倒臭くはありますが、薄くなっているというか?たまに処理を怠ってしまうことがあっても、あまり生えなくなっているのを実感しています。
安いものも値がはるものも使ったことがありますが、高いものは使う部分によってヘッドを変えられるものが多く水洗いが出来るものが多く便利です。安いものもはその用途がないものが多いですが、それでも満足に使えます。